南東北がん陽子線治療センター

TOP > 治療を受けるには > 臨床研究に関する情報

臨床研究に関する情報

放射線治療科に通院中(または過去に通院・入院されたことのある)の
患者さんまたはご家族の方へ

当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、患者さんの診療情報を用いて行います。このような研究は、厚生労働省・文部科学省の「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の問い合わせ先へご照会ください。

この研究について、研究計画や関係する資料、ご自身に関する情報をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。
研究に利用する患者さんの個人情報に関しては、匿名化して管理しております。
研究成果の一部は、先進医療会議や日本放射線腫瘍学会が管理する放射線治療症例全国登録に提供する他、国内外の学術学会や学術雑誌への発表にも用います。
その際も、個人情報は利用いたしません。

連絡先・相談窓口

下記の研究に情報を利用することをご了解いただけない場合は以下にご連絡ください。

一般財団法人脳神経疾患研究所 附属南東北がん陽子線治療センター
〒 963-8052 福島県郡山市八山田7丁目172番地

024-934-5393

放射線治療全例登録事業担当 水野 日出樹

1. 先進医療陽子線治療患者の統一治療方針による観察研究-全国症例登録-

研究課題名 先進医療陽子線治療患者の統一治療方針による観察研究-全国症例登録-
研究機関名 脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター
研究責任者名・所属 放射線治療科 中村 達也
研究の目的 既存治療の代表的治療成績との比較のための陽子線治療成績を収集するため。
研究の方法 対象となる患者さん 全国の陽子線治療施設で該当の1年間に陽子線治療を施行された方
(ただし、保険収載された疾患に対する方は除きます)
2016年度 2016年5月1日〜2016年6月30日
2017年度 2016年7月1日〜2017年6月30日
2018年度以降 前年度の年7月1日〜該当年度の6月30日
利用するカルテ情報 診断名、年齢、性別、陽子線治療・有害事象に関する情報

2. 小児腫瘍に対する陽子線治療症例データベース構築による安全性、有効性の検討

研究課題名 小児腫瘍に対する陽子線治療症例データベース構築による安全性、有効性の検討
Phase Ⅱ trial of Proton Beam Therapy for malignancy pediatric tumor.
研究機関名 脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター
研究責任者名・所属 放射線治療科 中村 達也
研究の目的 保険診療として認可された、限局性の小児固形悪性腫瘍に対する陽子線治療後の長期的な安全性と有効性について検討する。
研究の方法 対象となる患者さん 小児腫瘍性疾患(20歳未満発症)で限局性の固形悪性腫瘍
試験期間 試験実施期間 016年4月〜2046年4月(30年)
登録機関 20年間
追跡期間 10年
利用するカルテ情報 診断名、年齢、性別、陽子線治療・有害事象に関する情報